スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒸留方法って?ヘ(゜▽゜*)

よく聞く言葉で本格焼酎の蒸留方法には


減圧蒸留常圧蒸留っていうものがある。



もちろん焼酎を勉強してきた人には当たり前のように知られているが、一般の人にはチンプンカンプンでしょう(;^_^A ふきふき


多分この蒸留方法は呼んで字のごとく何となく意味が伝わるとは思いますが、この蒸留方法で焼酎の味がまったく変わってしまうんですよ!



常圧蒸留は「やかん」でお湯を沸かすような方式で釜ないのモロミが90度くらいで沸騰するので原料個性の豊かな焼酎に仕上がる、簡単に言えば癖のある焼酎ができる。


減圧蒸留は装置全体を圧力の低い(真空)で加熱して蒸留する為に50度くらいで沸騰させる事ができる。これは富士山の上で蒸留しているのと同じ様なものだが、モロミの温度が低い状態で沸騰させると発酵中の様な軽快な香りを得ることができる為、雑味が少ないのである。



この二つの蒸留方法で、焼酎の味を大まかに予想する事ができるので、この焼酎の味はどんなんだろう??って判断に迷った時はこの蒸留方法を参考に焼酎を選んでみると、失敗はないかも知れない。



大まかに

常圧蒸留は、個性のあるパンチのある焼酎が多い!

減圧蒸留は、癖のないやわらかい焼酎が多いので初心者にお勧めです!



一概には言えませんが、参考にして見てください♪

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. こんばんわ

さすが!焼酎アドバイザー☆わかりやすい説明(^.^)
プロフィール

heberekegururu

Author:heberekegururu
夢にまで見た飲食店経営を共同経営でしたがしていましたが…

夢破れて今はサラリー
でも三業態も経験できたのでこれも勉強だったかと。


お酒好き。料理好き。にゃん子好きの
お酒バカが

日々の徒然をかたります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。