スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すばらしい焼酎が出来た!

って言っても僕ではないのですがねあせる


昨日僕がMIXIの焼酎の飲み会で持参して、話題になったお酒『鼎』(かなえ)


開封してまたたくまになくなって悔しい思いをしてしまた方も多かったと思うのですが、実は

この焼酎は僕のブログでなかよくなったMASSA氏がプロデュースしたもの。


初めてのんだ瞬間、僕はこの焼酎の虜になりました。


MASSA氏のこだわり、情熱はこの焼酎をプロデュースする時よほどのい事だったようです。


MASSA氏おブログをみていただいてわかるとおり


以下MASSA氏のブログより抜粋



究極の理由・・・

「焼酎ブームの真っ只中にあって、今やオリジナル焼酎なんて珍しくない。

では、私、弐代目massaがプロデュースした『鼎』のどこが究極なのか?

焼酎市場のオリジナル商品の多くは、酒屋がチームを組んで集まることで

最低ロットを確保し、蔵元へ申し込みます。味については、ほぼ蔵任せ・・・

というのも多いのが現状です。しかし私は、どうしても自分の手で真に究極

の焼酎と呼べるものを作りたかった!そこで、何度も何度も蔵元へ出向き

嘆願した結果、佐賀県宗政酒造が弐代目の夢を買ってくれたのです。

さらに、飲食店業界では業界トップクラスエイチワイシステム・安田久氏

消費者代表として、酒好きで日本通でも知られるマルチタレント・ジャニカサ

ウスウィック氏が参加。

今までありえなかった究極のチーム:蔵元×酒屋×飲食店×消費者という、

世の中で酒がまわっているすべてのジャンルのプロフェッショナルが弐代目

のもとに集結!業界の常識を覆すチーム編成が実現しました。

酒を酌みかわしながら知恵を出し合い、飲食店ではどうやって売れていくか?

どんなお酒を消費者は求めているか?その価格設定は?容量は?など・・・

味、ラベル、全てにこだわりにこだわったオリジナル焼酎が、遂に誕生。

焼酎業界に旋風を巻き起こすべく、中国で古来から地位を覆す意の諺に多く

用いられる器=『鼎(かなえ)』と命名しました。いまだかつてなかった究極

の焼酎『鼎』に、皆様ぜひ一度会ってみてください」

 

                             produced by 弐代目 massa



~弐代目massaより皆様へ~

私が蔵元へ究極の焼酎を誕生させたいと、九州まで行って懇願してから、

2年・・・。短いようでとっても長い時間でした。まだあの頃は若かった麦焼酎も

今では長期熟成酒になりました。酒屋というか、一人の為に、そんな焼酎作れない

と何度も断られて、断られた数の倍、飛行機に乗りました。



。。。。以下省略



っとの事。情熱が伝わってきます。


もし、この焼酎を見かける事があったら是非ためらわず飲んでみてください。


のんだ瞬間ぼくはなぜか・・・ほっとしましたwww


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

heberekegururu

Author:heberekegururu
夢にまで見た飲食店経営を共同経営でしたがしていましたが…

夢破れて今はサラリー
でも三業態も経験できたのでこれも勉強だったかと。


お酒好き。料理好き。にゃん子好きの
お酒バカが

日々の徒然をかたります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。