スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作りたい焼酎があるから



この芋を作った。


っと言う芋焼酎を発見しました。


なんとこの芋は12年もの歳月をかけて作ったというこだわり。

すごいですよね、この蔵元さんの思い。


この芋の名前は『ときまさり』という赤芋の新品種

九州沖縄農業開発研究センターという国の機関が作ったそうです。



最初は赤霧島と同じような芋でパクリの名前(赤霧島は幻の紫優という芋)かと思ったんですが

調べていくうちに、すごいこだわりがあるんだなーっておもいました。



そしてどんな焼酎に使われているのかが一番気になりますよね!

その焼酎の名前は

『赤ときまさり』

いっぱんの黄金千貫より焼酎の質を左右するでんぷんの量が多いのが特徴です。



飲んでみて、率直な感想です!

普通の赤いも焼酎よりさっぱりしている様に感じて次に続きます。

でも赤いも独特の甘みを殺さず、香り高くしあたった上質な焼酎。


これは、日常のお酒としてはもってこいかと思いきや…


実は限定2万本の生産という事らしい。

もし見てけたら是非飲んでいただきたい一品でございます。







あっそうそうご報告があります。

あまり大きな声では言えませんが、6月から僕のお店もいよいよ法人となり会社組織になりました。

って言っても何も変わりませんがねwww


今後ともどうぞよろしくお願いいたします_(_^_)_

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

heberekegururu

Author:heberekegururu
夢にまで見た飲食店経営を共同経営でしたがしていましたが…

夢破れて今はサラリー
でも三業態も経験できたのでこれも勉強だったかと。


お酒好き。料理好き。にゃん子好きの
お酒バカが

日々の徒然をかたります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。