スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三谷藤生

さて、忘年会シーズン真っ最中になりましたね♪


まずはお店の宣伝ですがwww

12月も変わらずご宴会は『自然酒房 なのか』と『炉辺焼きセイロ蒸し かほり屋』共に3時間の飲み放題で続行させていただきます((*゚Д゚)ゞ


平日の週の前半はまだ何とか空きがありますので、お早めにご予約お願いいたしますニコニコ


さて今日は2階のお酒の紹介を!

実は僕自身京都のお酒がとっても好きなんです。

綺麗な伏見の水で仕込まれたキレのあるお酒が特徴の日本酒。

3階では今回はメニューには入れなかったのですが、2階の『かほり屋』にてデビューさせていただいておりますニコニコ

ほやほや、焼酎アドバイザーのつぶやき
大手さんのお酒を皆さんはあまり良く思わない方も多いかと思いますがこのお酒はそれを覆すようなお酒を世に排出してくれました!


松竹梅白壁蔵(宝酒造さん)の

三谷藤夫 山廃純米

日本酒度+2

酸度1.5

五百万石


です。


山廃仕込み独特のコクのあるうま味と程良くのど越しを過ぎる頃に感じる甘みとキレ味。

『うまい!!』の一言。2階の炉辺の干物とよく合います。


そもそも山廃仕込みとは???って方が多いかと思いますが、


正式には山卸し廃止酒母仕込みのことです。
簡単に言うと、日本酒造りの山卸を省いた作り方のことで、


山卸作業とは、麹と蒸米とをすりあわせて潰し麹の酵素作用を促進ための作業で、麹を仕込水に加えてさらに蒸米を加えることで山卸と同じ効果を得ています。


山廃仕込みのお酒は、酸度が高く幅と深みのある味わい深い味になるようです。

逆に昔ながらの山卸しを行って造る酒は、生もと仕込みといいます。




様は美味しくなる作業の事です!www



日本酒はどおも・・・って方は一度飲んでみてください!

うーん、僕もまだこの山卸とか山廃とかは難しくなんとなくしか説明できないのですが
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

heberekegururu

Author:heberekegururu
夢にまで見た飲食店経営を共同経営でしたがしていましたが…

夢破れて今はサラリー
でも三業態も経験できたのでこれも勉強だったかと。


お酒好き。料理好き。にゃん子好きの
お酒バカが

日々の徒然をかたります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。