スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惚れ込みました(〃ω〃)

先日百貨店をプラプラと歩いていたら…走る人

(もちろんプラプラとお酒を買う目的ですが爆)


こんな奴らを発見してしまいましたwww


ほやほや、焼酎アドバイザーのつぶやき

澤乃井辛口にごり…お酒

こちらは前回飲んでみて、とっても美味しかったので、季節のお酒だったのでまた買ってしまいましたw

基本同じお酒はなかなかかわないのですがw


前回はチーズで合わせて飲んだという面白い飲み方をしました。

それくらい濃厚だったってわけですが、今回は何と合わせて飲もうかと検討中♪


そしてもう一つは

澤乃井 吟醸中汲み 生酒 19BYお酒


こちらは、今まで見た事がなかったのですが、とても生産数がすくなく殆流通していないらしいです。

まだ飲んでないので、楽しみです!





さて!もうひとつ!




また澤乃井様のお酒なんですが

お店のメニューに入れ込む事をきめました♪


それは依然、澤乃井さんに蔵元見学に行った時に気に入ってしまったお酒なんですが

http://ameblo.jp/heberekegururu/entry-10084643359.html

その時の記事はこちら↑


 木桶仕込み 彩は 

↓澤乃井様より

2007年8月23日、国際酒会が主催する第7回全米日本酒歓評会がハワイ・ホノルルで開かれ、山廃・生もと部門で「澤乃井木桶仕込彩は(いろは)」が金賞を受賞しました。昨年に引き続き2年連続受賞です。

原料米の野条穂(のじょうほ)は兵庫の酒米どころ黒田庄でかつて栽培されていた米です。しかし、木桶がホーロータンクに取って替わられたように新しい酒米にその座を追われて消えていきました。洗練されていなかったからそうなったのですが、逆にいえば骨太で力強い米だったようです。野武士のような米だったのでしょう。
野条穂は畜産農家と耕種農家の協力で2002年種子採りをされ、2003年に一町一反(110a)の栽培が開始されました。


ほやほや、焼酎アドバイザーのつぶやき


実際これを作るのに使っている木桶を見せていただいたのですが


ほやほや、焼酎アドバイザーのつぶやき

樹齢300年の杉の木を使って仕込んでいるそうです。




口元に近づけるだけで、木桶の香りが…

これだけでほれ込んでしまったおさけです!


その醸造工程の様子が澤乃井様のブログでも見る事ができます

http://ameblo.jp/sawanoi/entry-10169938478.html



このお酒は個性が強いので、好みが分かれるかと思いますが。

濃厚なうまみと香り…忘れられません。



2階のお店はグランドメニューに

3Fのお店はとりあえず、月替わりのお勧めにしてみようかと思ってます。








ってよっぽど、東京のお酒(澤乃井)にほれ込んでしまったようですw



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

heberekegururu

Author:heberekegururu
夢にまで見た飲食店経営を共同経営でしたがしていましたが…

夢破れて今はサラリー
でも三業態も経験できたのでこれも勉強だったかと。


お酒好き。料理好き。にゃん子好きの
お酒バカが

日々の徒然をかたります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。