スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東村山の蔵元訪問


今日は依然お店で行ったイベント

東京地酒忘年会。(東京の新酒のみくらべ)

http://ameblo.jp/heberekegururu/entry-10184635006.html#main

http://ameblo.jp/heberekegururu/entry-10185500159.html#main

(上記はそのイベントの過去ブログです)

で縁があって杜氏様と知り合いになる事が出来た


豊島屋酒造様(金婚)をお伺いしてまいりました。ニコニコ

http://www.toshimayasyuzou.co.jp/


ほやほや、焼酎アドバイザーのつぶやき

今日の旅先案内人は日頃、東京地酒でお世話になっているこのお2人

N姉さんとIべー兄さんw僕は顔出しなしでw


なかなか絵になっていますねw


武蔵野線の国分寺乗換、西武国分寺線で揺られる事10分

東村山駅にその蔵元はあります。



東村山と言えば以前僕の知り合いの飲食店数件ででオリジナルの日本酒(一期一会)を作っていただいていた

渡辺酒造さん(吟雪)の廃業が記憶に新しい。東京のお酒にハマるのがもっと早ければ、お伺いする事が出来たのに…とても残念に思います。




それはさて置き


東村山駅より上記お二人の後ろ姿を眺めながら歩く事10分ちょっとの処に

ほやほや、焼酎アドバイザーのつぶやき

豊島屋酒造さんはあります。

そして豊島屋酒造さんに出会ってハマってしまったきっかけを作ったのが

そんじょそこらでは出会う事が出来ないお酒


ほやほや、焼酎アドバイザーのつぶやき-SN3D01280001.jpg
東京地酒忘年会で出会う事ができた

十右衛門 中取り純米生原酒。


ホントこのお酒は美味しい。普通にあまり売っていないのだからなおさらはまりました。

このお酒の名前の由来は、初代豊島屋酒造の豊島屋十右衛門さんから取っている、こだわりのお酒。

このお酒で豊島屋酒造様のイメージが変わったキッカケのお酒。



そうそうお話はもどりますがw

どうもすぐお酒の話になると、話がそれてしまいますがw



先ほどの看板を右に回ると


ほやほや、焼酎アドバイザーのつぶやき
こんな華やかなお酒達がお出迎えしてくれます。




んっ?良く見ると左側には写真が小さくて分からないかとは思いますがブルーボトルで

噂の金婚ならぬ『銀婚』を発見!!!

どんなお酒なのか飲んでみたいですね。ここから今日の豊島屋酒造様の見学ははじまります。


まず案内されたのがお米を洗い蒸し上げる工程。

今回の蔵元見学ではもうほぼ仕込みが終わってしまって居た為あせる仕込み風景は見る事はできませんでしたので

簡単なレポートになります。



ほやほや、焼酎アドバイザーのつぶやき

こちらでコメが洗米され

ほやほや、焼酎アドバイザーのつぶやき

手前のホースを伝って上の機械に運ばれます。



ほやほや、焼酎アドバイザーのつぶやき

浸漬されたお米が分けられます。

ほやほや、焼酎アドバイザーのつぶやき

↑は連続蒸米機械。

やく40分の時間をかけてコンベアーにお米がのり蒸しあげられると言う事です。

まァお米を炊く時間と同じくらいと考えていただければw




ほやほや、焼酎アドバイザーのつぶやき


こちらの釜はお酒の火入れに使っているらしい。

この中を蛇管をとおして実際に使われています。




そして仕込み場へ。



ほやほや、焼酎アドバイザーのつぶやき

ここには沢山の仕込み中のタンクがあり

古いもので昭和30年くらいのものもありました。


ほやほや、焼酎アドバイザーのつぶやき

今まさに麹が発酵中の所を特別に開けていただきました。

ほやほや、焼酎アドバイザーのつぶやき
すごいボコボコ言ってガスが大量発生中ビックリマーク

うわっ!発酵してる匂いがwDASH!


女性は髪の毛に匂いがつかないことを祈ります(爆)






他いくつかお伺いしていたのですが

お話に夢中になって聞いていたため

肝心のヤブタとかも写真をとりわすれたり、考えながら僕の頭の知識と格闘してて

今になってあーあの時聞いていればとか、今になって理解した事がたくさん。



うーん日本酒って難しい。

再度お伺いして頭を整理しながら次回はお話を聞きたいものです。


そして今回は十右衛門意外に試飲させていただいてピーン!ってきたお酒を
即購入してしまいました。


ほやほや、焼酎アドバイザーのつぶやき

特別純米 東村山 無ろ過生原酒


とても飲みやすいお酒で女性受けするお酒です。

口に含むとふわっと広がるフルーツのような旨味と芳醇な香り。

そして後味は甘ったるくなくキレのあるお酒でした。





今回の訪問は5月24日(日)に東京地酒の3回目のイベントを豊島屋酒造さんとコラボして

行うので簡単な打ち合わせをとご挨拶をかねてのお伺いでした。

今回は杜氏様も参加していただけるという事なのでちょっと楽しみ。


イベントはミクシー内でUPさせていただきますのでUPしだいこちらにリンクさせていただきます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. こんばんは^^

蔵元にいけちゃうとはさすがですね^^
一度みてみたかったんですが・・・・
めちゃ解りやすいレポ☆

ますます行ってみたくなりました・・・
酒好きにはたまりませんな。
プロフィール

heberekegururu

Author:heberekegururu
夢にまで見た飲食店経営を共同経営でしたがしていましたが…

夢破れて今はサラリー
でも三業態も経験できたのでこれも勉強だったかと。


お酒好き。料理好き。にゃん子好きの
お酒バカが

日々の徒然をかたります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。